Takiya

  • トップ
  • ピクチャーレール
  • 組み合わせ方法

コレダーライン製品の組み合わせ方法

ピクチャーハンギングシステム・コレダーラインは、

の3種類が基本アイテムです。

絵画などの壁面展示に専用ハンガー1本で、壁を傷つけずに移動、 レベル調整も自由自在な展示専用金具コレダーライン。
美術館、博物館、ギャラリー、公共施設、オフィス、ショップをはじめ 一般家庭と、壁面のあるすべての場所で多彩な用途に機能します。

(※特許6件、実用新案9件、意匠登録41件登録済み。)

各アイテムの特徴

Picture Rail(ピクチャーレール)

Picture Rail(ピクチャーレール)ピクチャーレールは、天井用と壁面用を基本に設計段階で取付ける先付けタイプ、 既存の壁面に取付ける後付けタイプと先付け後付け両用タイプがあり、 展示物の重量(重量用・中量用・軽量用)及び取付条件によって、豊富なバリエーションのなかからお選びいただけます。
また、ピクチャーレール取付けにはストップ、ブラケット等のAttached Parts をご使用ください。

ピクチャーレールの一覧はこちら

Hook(フック)

Hook(フック)フックは、ワンタッチタイプとフリータイプを基本にそれぞれ固定タイプと半固定タイプ、ランナータイプがあります。
いずれもピクチャーレールに合わせたアイテム群のなかからお選びいただけます。

(固定タイプ・半固定タイプはレール取付後、脱着できますが、ランナータイプはレール端部にランナー挿入用のランナーレールをお取り付けください。)

フックの一覧はこちら

Hanger Set(ハンガーセット)

Hanger Set(ハンガーセット)ハンガーセットは、展示物の重量に合わせて重量用から軽量用まで用途に合わせてお選びいただけます。また展示物の高さの調整もワンタッチで自由自在に行えます。

ハンガーセットの一覧はこちら

Attached Parts(付属部品)

ピクチャーレールを安全に取付けるために多彩な種類があり、常にレールにあったものをお選びいただけます。
Stop(ストップ)、Bracket(ブラケット)、Joint(ジョイント)、Bolt(ボルト)など。

付属部品の一覧はこちら

コレダーライン製品の選び方

製品の一覧はプロダクトのページからご覧いただけます。用途・目的から製品を探す場合は製品検索をご利用ください。また最適な製品の組み合わせのために、シミュレーションページもご利用ください。