LINE-PROP

製品の特徴

※従来品施工例

比類の無い防錆性能 屋外の過酷な環境において長期にわたって使用されるエクステリア用品の最大の問題点は「錆び」でした。錆は美観を損なうだけでなく、製品の耐久性、安全性を低下させます。「ラインプロップ 316」にはすべてのパーツに錆びにくいとされるステンレス鋼の中でもさらに耐食性、耐孔食性に優れた「SUS-316」を採用しています。外装パーツだけでなく、内部機構パーツやワイヤを含めたすべての部品に「SUS-316」を採用しているのはタキヤの「ラインプロップ 316」だけです。

※従来品施工例

緩みにくい新構造 ワイヤの固定方法として一般的に使用されている「ワイヤグリップ機構」はワイヤの張力を利用する構造上、長期の使用によりワイヤと端末部品の噛み合わせ部に発生する緩みは避けられないものでした。「ラインプロップ 316」は、噛み合わせ部にワイヤ末端部を金属部品でかしめて固定する「スリーブ スウェージング加工」を採用することにより、噛み合わせ部に発生する緩みを無くし、長期にわたり緩みのない美しい外観を保ち続けます。

極限までの小型化 また、「スリーブ スウェージング加工」を採用したことにより、機構部の簡素化を実現し、従来品に比べて大幅な小型化が可能になりました。ワイヤの太さにかかわらず機構部外寸はわずかΦ16mm。シンプルで目立たない、高い意匠性を実現しています。

試験品名 ワイヤー径 最大試験力 結果
LP-AE ⌀3mm 623kgf ワイヤー破断
⌀4mm 1015kgf ストップリング破損
⌀5mm 985kgf ストップリング破損
LP-BF ⌀5mm 856kgf 可動座金の変形

(財)日本品質保証機構の試験結果による

安全にお使いいただくために

本製品は特に錆びにくい「SUS-316」を使用していますが、使用環境により錆が発生することもあります。
ワイヤに張力をかけすぎると、支柱が変形する可能性がありますのでご注意ください。ワイヤの取付スパンは3m以内を推奨いたしますが、ワイヤ開きによる転落防止のため、中間に支柱を設けてください。

ワイヤの取り付け寸法は標準3m程度で、それ以上は金具を連結して使用することを推奨します。
長い取り付けスパンでの使用を検討される場合は、当社にお問い合わせください。ワイヤ製作寸法は精度を必要とします。
必ず取り付け面の内寸法を実測の上、各商品詳細の「ワイヤ長さ算出方法」を参照の上、ワイヤ製作寸法をご指示ください。

その他、施工詳細については本カタログのP15〜P26の「施工図」を参照してください。
ワイヤに足をかけるなど、過度の負荷をかけると本製品の破損の原因となりますのでご注意ください。

  • LINE-PROP 316 ラインプロップ316一覧
  • 製品の特徴
  • 部品の選定方法
  • ワイヤ長さ算出方法
  • 商品を検索