LINE-PROP

部品の選定方法

部品の選び方

①基本セットから用途に合わせて、部品を選択します。

基本セット固定タイプ自在タイプ

端末部が固定されたタイプ。
主に水平ばりの際に使用します。

端末部が90°に曲がる首振りタイプ。 主に傾斜ばりの際に使用します。

AE セットCE セットBF セットDF セット

②取り付ける構造体に合わせて端末部品を選びます。

③取り付ける構造体の内寸法から①のワイヤ長さを算出します。ワイヤ長さ算出方法はコチラ

部品の選定方法[水平張りの例]

主に端末部が固定された固定タイプを使用します。

AE セット(オス/メス)

端末部の片方が雄ネジ、もう片方が雌ネジのタイプ。
基本セット同士を連結する際に使用します。

CF セット(メス/メス)

端末部の両端が雌ネジのタイプ。
端末部品と連結する際に使用します。

端末部品

取り付ける構造体に合わせて端末部品を選びます。

  • LP-P-EB
    ボルト付きキャップ
  • LP-P-E
    キャップ
  • LP-P-WL
    溶接ロッド
  • LP-P-M
    木ネジ座金
  • LP-P-A
    アンカー座金

端末部分の例

1 2

1この部分の例

  • CE setの連結例
    (溶接ロッドLP-P-WL利用)
  • AE set(オス)とBF set(メス)
    の連結例

2この部分の例

  • AE setの連結例
    (オス/メス)
  • AE setの末端部例
    (ボルト付キャップLP-P-EB利用)
  • CE setの連結例
    (溶接ロッドLP-P-WL利用)
  • CE setの末端部例
    (溶接ロッドLP-P-WL利用)

部品の選定方法[傾斜張りの例]

主に端末部が90°曲がる首振りタイプを使用します。

BF セット(オス/メス)

端末部の片方が雄ネジ、もう片方が雌ネジのタイプ。
基本セット同士を連結する際に使用します。

DF セット(メス/メス)

端末部の両端が雌ネジのタイプ。
端末部品と連結する際に使用します。

端末部品

取り付ける構造体に合わせて端末部品を選びます。

  • LP-P-EB
    ボルト付きキャップ
  • LP-P-E
    キャップ
  • LP-P-WL
    溶接ロッド
  • LP-P-M
    木ネジ座金
  • LP-P-A
    アンカー座金

端末部分の例

1 2

1部分の例

  • BF setの末端部例
    (キャップLP-P-E利用)
  • BF setの末端部例
    (溶接ロッドLP-P-WL利用)
  • CE setの末端部例
    (溶接ロッドLP-P-WL利用)

2部分の例

  • CE setの連結例
    (溶接ロッドLP-P-WL利用)
  • AE set(オス)とBF set(メス)の連結例
  • LINE-PROP 316 ラインプロップ316一覧
  • 製品の特徴
  • 部品の選定方法
  • ワイヤ長さ算出方法
  • 商品を検索